「何かあったら女の人は結婚して辞めればいい」問題を考える(4)

スポンサーリンク

▼前回までのお話はこちら

・「何かあったら女の人は結婚して辞めればいい」問題を考える(1)

・「何かあったら女の人は結婚して辞めればいい」問題を考える(2)

・「何かあったら女の人は結婚して辞めればいい」問題を考える(3)


まさに「爺さん思考」の人を見つけてしまいました

さて、このシリーズでは日本の社会にはびこる女性蔑視の心理について考えてきましたが、これに関してなんとも香ばしい反応をしてくださってる男性を見つけてしまいました。

あんまり炎上したくもないので一応アカウントは伏せておきます。これだけ侮辱してきた人にそんな優しさを見せる必要があるかどうかはかなり自分でも疑問ですがまぁ置いといて(´-`)

私のツイートはまさにアンタのような奴のことを言っとるんやで!!というお手本のような人が釣れて何とも呆れた気持ちになりましたが、こういう人の生の声は大変興味深くもあったので、数々侮辱された怒りを一旦抑えて考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

一連の主張に正直あきれ顔が止まらなかった

彼のツイートやその取り巻きとのリプに書いてあったことはざっとこんな感じです。

・なにこのブス
・身の程知らずのバカ
・こういうバカに限って最後は子育てとか言って逃げる
・低学歴
・バカ女
・男女関わらずよーいドンで勝負させたら女が絶対負ける社会って言う事実と男女平等にしろって話は全く別の話なのに同じベクトルで語ってるのがバカ
・男女平等と言いつつ女を盾にしている
・そういう女が一番黙って男優位の社会で頑張ってる女に対して失礼

なんかもう残念過ぎて眩暈がしてきました(´д`)ハァ

最後の「そういう女が一番黙って男優位の社会で頑張ってる女に対して失礼」というのがもう。それが既に上から目線やし、その言い分も大概失礼やぞ・・・(´д`)ハァ

ほんでその「男優位の社会」「男女関わらずよーいドンで勝負させたら女が絶対負ける社会って言う事実」がそもそもおかしいぞっていう話をしてるんですけど・・・論点ずれすぎ(´д`)ハァ

というか、私一言も「男女平等にしろ」なんて言ってないんですけど・・・「ベクトル」言いたいだけやろ(´д`)ハァ

あと、私のことをそんなにバカで低学歴と罵るくらい自分の学歴がご自慢なら、こんな「ブス」とか内容に全く関係ない誹謗中傷じゃなくて、その学歴に恥じないもっと論理的で建設的な批判をしてほしかったよ・・・(´д`)ハァ

まぁこの人は前後のツイートから「女とブスと低学歴は攻撃しても良い」という思想をお持ちのようなので正直あまり関わりたくないタイプの人ですね。

こういう言葉の鈍器でいきなり殴りつけてくるような人って排他的で全く話が通じなさそうである。いや話するつもりありませんけど。

スポンサーリンク

女性の特権だと思ってることは特権でも何でもないよ?

ただこの中傷まみれの言葉のなかで、私が興味深いなと思ったのは、子育てを「逃げ」「盾」だと思ってるんだなぁということ。

そして、それがあたかも「女性だけの特権」であるかのように言ってるところ。

は???(゜д゜)いやいやいや!!

男性も逃げてええんやで???(゜д゜)

ここなんですよ。男性だって、子育てなり家庭の事情なり、自身の体調なり理由はなんだっていいですけど、そういうのを盾にして「逃げていいはず」なんですよ。

本来そこに男性だから、女性だから、という性差は存在しないはず。

なのにそれをしないで、勝手に「男は弱い女を守らなくちゃいけないから大変なんだぜー」という悲劇のヒーロー思考に染まり切って、「守ってもらえる女はズルイ!」という所に落ち着いちゃう人が一定数いて、それこそが差別な上に自分の首絞めてるんじゃない?と指摘してるんですよ、私は。

でもそれを指摘したら「チッ、男女平等にしろってうるせえなぁ」と言われてるようなもんで。ちげーよ、あんたらが勝手にないと思ってる「女性の特権」とやらは特権でも何でもねえよ、あんたらもそれ使って「男の義務」「社会的な男のあるべき姿」とやらから逃げていいってことに早く気づけ!!と言いたいわけです。

※1.それでも逃げたがらない人たちこそ、やっぱり前の記事で言った「自己価値を確かめたい」という意識に染められてしまってるんじゃないですかね?

※2.とはいいつつ、「逃げたがらない」のではなく「逃げたくても逃げられない」ほど余裕なく追い詰められてる男性も沢山いるという側面や、女性も女性で家事や子育てを「女性の聖域」として男性に触らせないというケースもあるようなので、男性側だけを追及していい問題ではない、というのはやっぱり忘れてはいけない。

スポンサーリンク

男性も暗黙の社会規範の被害者なのかもしれない

こう考えると、男性も男性で「男は強くあらねばならない」という社会の暗黙の規範の被害者のような気がするんです。

「女だけズルイ!」っていう声は、裏を返せば「男性も実はものすごく我慢を溜めてる」ということの表れでもありますから。

つまりこの問題ってまさに鏡のようで、「男(女)はこうあるべき」という社会規範に潰された被害者同士が、お互いに「あっちはズルイ!」と殴り合ってる構図なんです。なにこれ地獄絵図かよ(´д`)

お互いに我慢しないで好きなことしようよ

結局、男性も女性も、社会的なあるべき姿の押しつけに踊らされてるからこんなことになっちゃってるんだと思います。

もうさ、別に各々が好きで得意なことを我慢せずにやったらええやん・・・(´д`)

理想論すぎるかもしれませんが、私はそういう社会がいいなと思うんです。

家事が好きな男性はバリバリ家事したらいいし、仕事が好きな女性は働いてればいいし、それがお互い疲れた時は交代するもよし、休憩するもよし。これは俺の仕事、あれは私の仕事、って「あるべき姿」に沿って役割を固定しようとするから苦しくなるんじゃないですかね、お互いに。

というわけで、今回はツイートに頂いた反応から思ったことを書いてみました。

あと余談ですが、いくら多様な価値観を認めましょうといっても、それで一方的に「ブス」やら「バカ」やらと人に暴力振るうことが許されるわけじゃないので、先の男性の発言については取り巻きも含めて全てスクショ&魚拓取り、その気になればいつでも侮辱罪で告訴できる証拠は揃えてあります。

最近はネットでの誹謗中傷も取り締まる風潮が出来てきてますし、井納選手のニュースも記憶に新しいので、今度知り合いの弁護士の人に相談してみようかな・・・(´-`)

【Next>>】今までの記事を男性に読んでもらいました。「何かあったら女の人は結婚して辞めればいい」問題を考える(5)

この記事をシェアする!(・∀・)

misoをフォローする!(・∀・)

スポンサーリンク