新しく事業を立ち上げようとした自分の前に立ちはだかった大きな壁(3)

▼この記事はシリーズ連載です▼

新しく事業を立ち上げようとした自分の前に立ちはだかった大きな壁(1)
新しく事業を立ち上げようとした自分の前に立ちはだかった大きな壁(2)
・新しく事業を立ち上げようとした自分の前に立ちはだかった大きな壁(3)←now

ついに限界を感じて、事業立ち上げをストップする決断を下す

とうとうこの板挟みに耐えられなくなったのが、プロジェクトをスタートしてから2か月後。ひとまずのホームページ完成目標を1か月後に控えた頃でした。

そのきっかけは、「頑張りすぎないでくださいね」という文字をホームページに打ち込んでいる自分が一番頑張りすぎていることに気付いたこと。まったく、滑稽すぎて失笑ものでした。

それに気づいたとき、なんとか頑張って完成にもっていかなくちゃ、と自分を叱咤して作業していましたが、ついにそのためのエネルギーも尽きてしまい、「頑張りたいと思わない」と思ってしまったんです。あぁ、行くところまで行きついたな、と思いました。

全ての糸が切れました。こんな状態になってる自分が、自分さえ救えない自分が、セラピーを通して人を救うなんて出来っこない。そんな当たり前のことにようやく気付き、これ以上は無理だと判断しました。また失敗してしまった自分、やると言ったことをやり遂げられなかった自分が酷く情けなかったです。

その次のミーティングで、先方に涙ながらにこれまで考えてきたこと、悩んできたことを打ち明けました。

相手は真摯に話を聞いてくれました。そして、「そこまで思い詰めているとは知らなかった。無理をさせていたようで申し訳なかった」と言ってもらい、一旦セラピー事業はストップしようという話でまとまりました。

この時の自分の気持ちを受け入れてくれた先方の優しさには感謝するしかありません。同時に、せっかくの申し出を反故にしてしまった申し訳なさ、やり遂げることが出来なかった自分への腹立たしさ・・・色んな感情が渦巻きました。

これが、私の失敗談の顛末です。

前の連載と合わせて見えてくる、自分を追い込んでしまうパターン

さて、ここからはこの出来事を通して考えたこと、見えてきたことについて書いていこうと思うんですが・・・

これを書きながら、そして今読み返しながら思うのが、

なんでそういつもいつも、自分を追い込む方向に進んじゃうんだYO(´・ω・`)

ってこと・・・。

だって、以前書いたもう一つの連載でも、焦って自分を追い込んだ結果うつ再発させて自分を潰してしまった経緯を書いてるのに。

とうとう重い腰を上げて「ドキュメンタリーブログ」を書く決意をしたよ 憧れのjMatsuzakiさんを顎で使...

今回のセラピーの話とこのうつ再発の話は時期的にはほぼ同じなんですが、細かい内容は違えど、自分を追い込んでしまう思考パターンが一緒なんですよ。完全に嵌っています。

こういったパターンからも、どうやら私は「同時に色んな問題を、一人で抱え込みすぎる」という持病を患っていることが見てとれます。

スポンサーリンク

ここからは、今回の経験で得た感情について検証していきます

そして、今回のセラピー事業立ち上げ準備中に感じた感情を一つ一つ検証していくと、この自分を追い込んでしまう思考を生み出しているネガティブな思い込みに通じる出来事がたくさんあったのです。ほんとに、「これが私の対決すべき課題か…!」という出来事がもうたくさん。

というわけで、ここからは

・私がいかにして、同時にいろんな問題を一人で抱え込みすぎる持病を患うことになったか

という所を整理していきたいと思います。うつ再発の時にも同じようなことにうっすら気付いていたのが、今回の失敗から得られたデータを分析することによってさらに深く明確に認識出来たような感覚があるので、それを忘れないように書き留めておこうという所存です。

そして問題が整理できた後で、連載の締めとして「その持病から抜け出すために今取り組んでいること」を少しお話しできればなと思っています。まだまだお話続きますがぜひお付き合い下さいませm(_ _)m

次回へ続く!

\ この記事をシェアする(・∀・) /

misoをフォローする!(・∀・)