私の捨てたゴミをチェックする・・・子供のすべてを把握しておきたい毒親。

母親に自分の捨てたごみをチェックされる

ロリポエチャン (@poeta_lol)さんの最新ツイート 心と口と行いと生活で巌窟王引きました 新バビロニア

唐突ですが皆さま、母親に自分の捨てたごみをチェックされたことありますか?

私はあります(^ω^)

ツイートにも書いているように、買い物したレシートを何気なく捨てていると「どこ行ってきたの?」と聞かれます。友達からもらった、家にないお菓子の袋を捨てていると、「これどうしたの?」とよく聞かれてました。

これ、何だか自分の行動をずっと監視されているようで、すごく嫌だったんですよね。

いつまでたっても子供のすべてを知っておきたい

百歩ゆずって、まだ小さい子供の場合だったらわかりますよ。小さい時分には、子供には特別な注意を払っておく必要がありますから。勝手に遠くへ行っていたり、よその人からものをもらっていたりなどしたらちょっと問題ですしね。

でも、もう中学生・高校生くらいになったら、一人で買い物もするじゃないですか。友達と街に遊びに出かけたりもするじゃないですか。その全ての行動を親がずっと見ていられるかといったら無理ですし、そもそもそうやって少しずつ親から独り立ちして、行動範囲が広がっていくのが子供の成長において自然な流れだと思います。

でもそれが、うちの親はどうも嫌だったみたいなんですね。何かにつけて、私がどこで何をしているのか、誰と一緒にいるのか聞き出そうとし、全部を把握しようとしていました。

時には私に質問をしながら、手元のメモに友達の名前やどういった子なのか、どこに住んでいるのかといった情報を詳細に書き取っていました。まるで取り調べを受けているようでした。

ゴミ箱のレシートの件も、「親の見ていないところで、親の知らないものを手に入れている」というのが不安で許せなかったんでしょうかね。

スポンサーリンク

子供がどう受け取っているかは一切考えてくれなかった

親は、子供に何かあったらいけない、もしもの時に対処できるように、という気持ちでこれらのことをやっていたんでしょうが、私の受け取り方はさっきも書いたように「取り調べ」でしかありませんでした。

質問を受けるたびに、そこまで話さなくちゃいけないものなの?いくら親とは言え、ここまであけっぴろげにする必要があるの?という疑問や憤りは何度も感じました。しかし、

「これを聞くのは親として当たり前」

「何かあった時に困るでしょ」

と言われてしまうともう何も言い返せません。黙って言うことをきいて、洗いざらい吐くしかありませんでした。

でもこれ、本当に嫌だったんです。だって、プライバシーもクソもありゃしないし、何より子供のことを全然信頼してくれてないってことですからね。

スポンサーリンク

子供が自立していくのが許せない親

私の親がカーリングペアレントであったことは以下の記事で書いた通りですが、これは今回書いたことと無関係ではないと思っています。

カーリングペアレントについてのメモをツイートしたのですが 過保護な親の一種、カーリングペアレント。 ツイートで書いたことをブ...

結局、子供の全てを知っておきたいという気持ちって、「子供をいつまでも自立させずに、子供のままにしておきたい」という気持ちに繋がっていると思うんです。

カーリングペアレントにとって、「お世話をさせてくれない子供」って逆に嫌なんだと思います。何かしていないと不安になるタイプの親にとっては、「お母さんがいないと何もできないよ~」という子供がいないと困るんです。

これをもし親が聞いたら、自立させたくないなんて思ってない!と反論されるかもしれませんが、「いつまでも小さくてかわいい○○ちゃんでいてほしい」という気持ちについては反論できないと思います。

心の奥底で願っているその気持ちこそが、正に「自立させたくない」という子供への呪いに繋がっているんだよ・・・と、私は言いたい。

\ この記事をシェアする(・∀・) /

misoをフォローする!(・∀・)