自分の好きな「音楽」と「会計」、将来は両方活かせるような仕事をやってみたいなぁ

頼まれてもいないのにバンドの会計帳簿を作る私

ピアノを職業にしている私ですが、実はこういう数字を扱う作業もめちゃくちゃ好き。

というか、「会計」に関する作業が好きなんですよね。チマチマ数字を入力して計算して、帳簿の数字がピッタリ合った時の快感といったら←

今日の夕方、ふらっと晩御飯の買い物にいったら虹が見えました。ラッキー!(・∀・) 今日は午前中、税理士の先生に記帳指導をして頂...

↑の記事で書いた税理の勉強は結局今は他にやることが手一杯で休止してしまっているのだけど・・・(´д`)

でも、これこそが私にとって「好きであり得意でもある」ことの一つなので、これを上手く使うことが出来たら絶対稼ぎに繋げられそうだよなーーーという想いは常々もっているのです。

誰かの苦手なことは、他の誰かの得意なこと

こういう数字の管理って、苦手だ!っていう人結構見かけます。数字なんて見ただけで嫌気がさすから出来れば視界に入れたくない、くらいの人もいますし。

でも私はこういう表を作って計算したり、グラフを書いて損益をまとめたりする作業を、誰に頼まれるわけでもなく勝手にやってるんですよね。その理由はただ「自分が楽しいから」。

つまり、誰かの「苦手だ!やりたくない!」というものは、他の誰かの「好き!やりたい!」なんです。

ここにビジネスが生まれるチャンスがある。誰かが苦手だなー、やりたくないなー、お金払ってでもいいから誰かやってほしいなー、ということが自分の得意なコトだったとしたら?

その仕事を任せてもらえれば、その時点で「好きなことをしながらお金を稼ぐ」が出来るわけで。お願いする側は苦手なことをやらずにすんでハッピーだし、頼まれる方も自分の楽しいことが出来てお金までもらえちゃってハッピーだし。

そうやってお互いがお互いを補い合いながら、全体が豊かになっていく。そんな働き方が出来れば理想だなーと思うわけです(´ω`)

スポンサーリンク

「音楽×お金管理」を組み合わせて自分の強みを活かす

私はピアノが好きだから仕事にしたつもりでいたんですが、得意か?と言われれば最近実はそうでもないような気がしてきたんですよね(・ω・)笑

上には上がいる、ということを思い知らされる業界ではあるし、自分の演奏技術はどちらかといえば「努力」によって培ってきたもので。

もしかしたら、長年努力してある程度どんな曲でも弾けるようになったから好き、という感覚が近いのかも。そしてその一方で、お金管理のような地味~な事務作業は努力しなくてもある程度出来ちゃう・・・(・ω・)

・・・(・ω・)

・・・これは・・・色々と考える必要がありそうだぞ・・・(・ω・)←

ま、別に二者択一にしなきゃいけないってことはなくて、むしろ「音楽×お金管理」を組み合わせて、そういう細々したマネジメントがが苦手な個人ミュージシャンのサポート、なんかが出来たら上手く自分の強みを活かせそうだなー、っと漠然と思いました。既に自分の組んでるバンドはそんな感じですしね。

というわけで、また新たにやってみたいことのアイデアが生まれました(・∀・)早く時間とお金の余裕を作って、そっちにも手を回せるようになりたいなぁ。頑張ろ!

\ この記事をシェアする(・∀・) /

misoをフォローする!(・∀・)