生まれてから10000日目を迎えた今日を、新しい自分が生まれた日にする

スポンサーリンク

今日で生まれてから10000日目を迎えました

2018年4月16日。本日私miso(@miso35miso)は生誕してから10000日目を迎えました!!

「27歳と4か月と17日目で10000日目を迎えるので、その日は自分をお祝いしてあげましょう!」というのを何年か前に知ってからアプリを使って数えていたんですが、とうとうその日がやってきてしまいました。数え始めた時はまだあと900日とかでまだまだだなーと思ってたのに・・・!(゜д゜)

ちなみに自分がいつ10000日目を迎えるか知りたい方はコチラのサイトで計算できます↓

10000日(一万日)の生誕を計算出来るサイトです。27歳を迎えたあなた!是非計算してみてください。人生30000日の1/3が祝えます。30000日計算できます

また、Excelでも計算できるそうです↓

自分の誕生日 + 10000 = 自分の誕生日から10000日後の日付

を表示してくれるというわけですね。こんなことにも使えるExcel有能。

スポンサーリンク

10000日目を迎える瞬間にやっていたこと

さて、そんな私が昨晩10000日を迎える瞬間に何をしていたかと言うと・・・

「親への怒りや不満を吐き出すワーク」を丸一日かけてやっておりました・・・(´д`;)

10000日のお祝いどころか涙涙でぐったりな一日を過ごしていたんですがまぁちょっと聞いてください←

最近どうしようもなく気分の浮き沈みが激しくて辛かったので、5日ほど前に電話カウンセリングを利用してカウンセラーさんに話を聞いてもらったんですが、そこでカウンセラーさんから提案された課題がコレ。

親に対しての複雑な思いはこのブログでも常々語ってはいますが、カウンセラーさんと話をしていて、まだまだ私の中には抑圧してきた親への怒りや不満が溜まっていると再確認したのです。それを一度、

「遠慮せずに、気が済むまで徹底的に、親に言いたかったことを書き出しなさい」

というのがこの課題。

たしかにブログやノートに整理するときは、書き出してはいてもどこか後ろめたい気持ちがあったり、親のことを悪く言っているような罪悪感があったり、「親もたいへんだっんだろうしなぁ」と庇う気持ちが出てきてしまっていました。特にブログは人に見られるものなので、綺麗にまとめないといけないという気持ちもありました。

でもそれが結局、怒りや不満が中途半端に残ったままで燻り続けてしまうという結果に繋がっていたようです。

スポンサーリンク

丸一日かけて抑え込んでいた思いをぶちまけてみた

なので今回はただただ怒りをぶちまけることだけを考えてA4のコピー用紙に、汚い言葉でもいいから書きなぐることにしました。書きなぐっては泣いて、疲れたら寝て、お腹がすいたらご飯を食べて、また書きなぐって、を朝から夜まで気の向くままにやるという1日廃人デーを決行。

その結果がコチラ↓

いやー溜めてましたなぁ・・・・(´д`)

A4用紙に余白もほぼなくびっしりと埋め尽くされた文字。しかもまだ足りないそうなので今週もう一回やるつもりです(白目

あえてぼかして撮ってますが「○ね!○ね!消えろ!」とか「このクソババア!クソジジイ!」とか、とてもじゃないけど載せられない言葉をめっちゃ連呼してます。

でもこれきっと、私にちゃんと反抗期があれば、もっとライトな言い回しで言えたはずだった言葉なんだろうなと。約10年以上も言えずに自分の中に溜め込んでたから、こんなに膨れ上がって凶器のような重たい言葉になってしまった。よっぽど自分を抑圧してきたんだなぁと、このぐちゃぐちゃの思いを眺めながら考えに耽ってしまいました。

そうそう、「いい子」はニコニコ大人たちの機嫌を取ってきた裏でやっぱりこういうこと溜めてるんですよ。周りの人は気付きもしないし本人だって絶対気付かせようとしないけどね。何か犯罪を起こしちゃって「あんなに真面目でおとなしくていい子だったのに・・・!」と言われちゃう人の気持ち、ちょっとわかります。あーもう抑えつけられなかったんだなーって。限界だったんだなーって。

スポンサーリンク

10000日目は新しい自分の誕生日

ちょっと話がそれたので戻します。

この吐き出しの分析とまとめはまた後日書いていきたいと思いますが、私はこれをたまたま生まれて10000日目を迎える日に実行出来たのは何か意味があるんじゃないかなーと思ったりしてます。いや、多分意味なんてないけど、意味付けする(笑

カウンセラーさんとのお話の中で、「親にとらわれながら生きてしまった子供は、どこかのタイミングで自分を再誕生(rebirth)させなければいけない」という話が出てきました。

今までは無意識に親の価値観にとらわれていて、親の人生を生きなければならないと心のどこかで思いこんでいた。でもそこから決別して、今度こそ自分の人生を始める、と決意して、勇気を出して歩き始めなきゃいけない。

その最初のプロセスで必要なのが、今回やった「怒りや不満といった感情を吐き出す」こと。子供の頃の未消化の感情が残ったままだとなかなか前に進めないので、それを洗いざらい出して、一旦まっさらな自分に戻していく。ニュートラルな、ゼロに戻す。

そういうわけで、その儀式が遂行できた10000日目という日を、私が再び生まれた日にする。我ながらなかなかいい案じゃないかなーと思うんです(´ω`)

しかも奇遇なことに今日は新月ですし。新しい自分が始まる日にはうってつけじゃないでしょうか。

”10000回だめでへとへとになっても 10001回目は何か変わるかもしれない”

そんなことを思った10000日目のmisoでした。

この記事をシェアする!(・∀・)

misoをフォローする!(・∀・)

スポンサーリンク

コメント

  1. マリキータ より:

    いつもROM専でしたが思わずコメントしてしまいます。

    おおお、これはお辛かったでしょう、大変お疲れさまでした。
    向き合ったmisoさんの勇気、素晴らしいと思います。

    いつもブログ拝見しております、最近Jさんのよりも見ております(笑)
    心より応援しております!!

    • miso より:

      >>マリキータ様
      コメントありがとうございます!!なんて優しいお言葉・・・!心に沁みますありがとうございます(´;ω;`)
      そうですね、かなり大変な作業でしたが、自分に必要なことだったと思うので、今はやってよかったなと思います!

      わぁ、jさんのよりも、とは光栄ですね(-∀-)笑
      いつも読んでいただきありがとうございます!これからもよろしくお願いします♪