雑然とした生活を整えるために、まずは一日一日を丁寧に生きることを目指さなくては

生活の色んな事が「雑に」なってきている気がして嫌だ

哀しきかな、最近生活の色んな事が「雑に」なってきているなぁとふと感じました。

片づけようと思うだけで全く手が付けられてない書類の山。定位置が決まっていないちょっとした荷物がテーブルの上に置きっぱなしになっていて、何か作業をするときは別のデスクやベッドの上にあっちこっち移動させたり。

そういう目に見える雑多さの他にも、パソコンの中に突っ込んだまま整理できていない写真やwebクリップなどの諸々のデータだったり(例によって「整理したい」という意志だけはあるのだけど)。

そのくせだらだらとスマホを見る時間はつい長くなりがちだったり、無駄に夜更かしして次の日の午前がかなり犠牲になったり・・・

そんな所にも、自分がかなり規律の乱れたずるずるな生活を送ってしまっている様子が表れている気がします。

そしてその状況が、今とっても気持ち悪い(´・ω・`)

無意識のストレスが、知らないうちに精神を消耗させる

そういう「ほんとはこうしたいのに、出来ていないこと」が積もりに積もっている状態というのは、もうそれだけで無意識にストレスになります。その状況そのものだけでなく、それに対して有効な対策を打てない自分にもイライラしてしまうんです。

でもここで落とし穴なのが、実はイライラするにも結構な精神力を使ってるってこと。

そう、ただでさえ「時間・空間の使い方が雑で無駄な部分が多い」ということにイライラしているというのに、さらに自分の精神力やエネルギーといったものまで垂れ流し状態なんですよ、これって!!

こんなの、自分にとっていい状態なわけがないです(´д`)

「雑」の反対、「丁寧」を心掛けたい

じゃあこの状態をどうやって打開するかということなんだけども、要はもっと「丁寧に」生活するのが必要なんだろうな、というのがまず頭に浮かびました。

正直、「とにかく何かしなくちゃいけないんだけど、何に手を付けなくちゃいけないのかすらも雑然としている」状態では、改善のしようがないので、手始めはそこの整理からですかね。

今気になっていることや不満なこと、雑然としてしまっていることを書き出す。その中で何が一番自分の気力を削いでいるかを考える。優先順位をつけて、少しずつ整えていく。この「少しずつ」というのが丁寧のポイントでもあるのかなと。

もっと具体的で小さなことだったら、1日1つ何かを捨てる、小物をしまうためのトレーを買ってくる、きちんと日記をつける、無駄に夜更かしせず、午前1時にはベッドに入る、なども「丁寧に」生活することにつながることだと思います。

自分が心地よく過ごすために、自分には丁寧な生活をさせてあげる

ふと思ったんですが、振り返ればこういうことって、昔の自分はちゃんと出来ていたはずなんですよね。

昔から、どちらかというとダラダラした時間を過ごしたりぐちゃぐちゃな状態で何かを放置しておくことは嫌いな性分だったんです。

そう、あれだけさんざん「いつでも完璧に出来る人だと思われるのが嫌だった!!」「出来てしまう、ということにものすごい罪悪感があった!!」というようなルサンチマンをここのブログでは書いてきたんですが、だからといってそういう自分が嫌いなわけじゃないのです。むしろちゃんとしていて、規律の整った生活が出来ている自分のほうが好きです。だってその方が、単純に心地がいいし。

まぁ、「それなのに、今の自分は・・・!」というのを直視したくなくて、雑になってしまっている現状を認めたくなくて、今まで見てみぬふりをしてきてしまったのかもしれないけど・・・

でも、さすがに、もう限界。少しずつでも、戻していかなくちゃ(´・ω・`)

過去に出来てたんだから、きっと今の私だって出来るはずなんです。今度は周りの期待とかじゃなくて、他ならぬ自分のために、もっと丁寧な生き方をさせてあげなくちゃな、と思っています。

\ この記事をシェアする(・∀・) /

misoをフォローする!(・∀・)